ケーキといえば?

こんにちは!

さて、ケーキといえば皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?

恐らく、ほとんどの人がショートケーキを連想すると思います

かくいう僕も前回のブッシュドノエル戦での大敗からまもなく、ショートケーキにチャレンジしました

今回は念入りに調べ、道具も材料もしっかりと揃えたつもりだったのですが・・・

製菓が好きな人ならわかるかと思いますが、ジェノワーズ(スポンジケーキ)って意外と難しいですよね?(笑)
初心者なら尚更です

まず、ハンドミキサーで泡立ててもなかなか泡立たず、ボリュームも出ませんでした

湯煎にかけて温めることで卵の表面張力を弱らせてから本格的に泡立て始めるのが基本なのですが、知らないというのは恐ろしいもので、まったくボリュームも出ず、また、泡立て加減もダメダメでした

粉を入れてからは余計に混ぜすぎ、泡をつぶしてしまった為高さのあるスポンジにはならず、初の6号(18㎝)スポンジは3センチちょいでした(笑)

さらには、生地の下部分が異様に目が詰まって固くなっていました
最後に混ぜるバターがしっかりと混ざり切っていないと怒る現象なのですが当時の僕は何も知らず泣く泣くその酷い生地をショートケーキに使うことにしたのです

この時点でもう完成度は落ちるところまで落ちていると言っても過言ではないのですが、一応最後まで続けました
生クリームを泡立てて生地に塗っていくのですが、結果は散々(笑)

出来上がったケーキはもはやドームケーキと呼べるほどに曲がっており、生クリームはぼそぼそ、塗りムラの激しさはまるで傷ついたお肌

こうして初のショートケーキ作りの悔しさは僕になかに残り続けましたとさ(笑)


以下、ショートケーキのポイントです興味のある方は参考にしてください(^^;)

スポンジケーキを泡立てる際は必ず湯煎にかけて35度前後まで温める
ふるった粉は1度にすべて加えて手早くさっくりと混ぜる
バターの混ぜ残りは記事への沈殿へと繋がるので絶対に気を付ける
使う生クリームは動物性で、約8%前後の砂糖を加えて氷水の湯煎で冷やしながら泡立てる

他にも細かい注意点はたくさんありますが、ユーチューブなどでプロの作製動画を見て自分の頭の中でイメトレして本番に臨むのがおすすめです

趣味の範囲でなら、うまく作れようが作れなかろうが、その先に必ず待っている誰かの笑顔のために、おためしあれ!(笑)

この記事へのコメント